テクニカルからファンダへの道

. スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

. 静かな週末

今日は土曜日なのですが特にこれといった予定もないので、たまにはのんびりと相場の雑感でも書きたいと思います。


人気ブログランキングへ

ここ最近の相場は、アメリカの長きに渡った金融緩和の終演に伴う新興国の低迷、中国問題さらに消費税増税によるアベノミクスの腰折れ懸念がくすぶってきたことも手伝ってか上に下に激しく動 くので、昨年のように腰をすえて呑気に数ヶ月単位のスイングトレードをしてる状況でもなくなってきてしまいましたね。

不動産株やその他金融などのいわゆる内需株は先駆して下落トレンド入りしているので、全体的にもそう遠くないうち後を追うのではないかと懸念しています。まあ、下落するなら容赦なく売ればいいだけのことなんですがね

といっても、売りは買いに比べてなかなか難しいと私は思っています。
昨年、意味不明な50単元規制やその他の空売り規制が廃止され空売りをする環境は以前より明確に向上しましたが、空売りが難しいといわれる最大の要因は日銀や年金による買い支えによるところが大きいと私は思います。
去年までのあげ相場で買い方やってる時は買い支えは政府の非常に頼もしい後ろ楯だったのですが、下げ相場になっていざ自分が売り方になってみると日銀や年金は強大な敵に早変わり。
分足チャートを瞬時に崩す力業による無慈悲な買い上げは売り方の最大の敵です。

今みたいに出来高が多いときはそれほど気になりませんが、相場が閑散としてくるとそれまでの下落の流れを一撃でかえてしまうほどの破壊力に過去何度も苦汁を飲まされてきました。

よって売りは需給が本当に悪化したときだけの短期勝負が原則でしょうね。

私も10年相場をやってようやく様子見が出来るようになってきました。

今のような不安定な時は、この様子見というコマンドを効果的に使っていきたいですね。


関連記事
comments
. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:http://urimaoufumichan.blog.fc2.com/tb.php/48-570b11da
. フリーエリア
. プロフィール

ふみちゃん

Author:ふみちゃん
北海道で株投資と会社経営しながらのんびり暮らしています。


現在ファンダメンタルズの勉強中です。

. カウンター
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。